ISO内部監査研修とISO取得のことならISOマネジメント協会へ。ISO内部監査員養成講座は6名以上1人10,000円/1日、5名以下一律50,000円から。

  ISO内部
監査、セミナーのISOマネジメント協会





プライバシーマーク(Pマーク)とは?

  個人情報を適切に取扱っている組織を一定の基準で認定し、プライバシーマークの使用を許諾する制度です。
  適用する規格は「JISQ15001:2006 個人情報保護マネジメントシステムの要求条件」です。
  認証審査は日本情報処理開発協会(JIPDEC ジプデック)が行います。認証取得するとPマークの登録証が交付されPマークの使用が許可されます。
  個人情報の保護を証明する唯一の公式認証です。
  Pマーク取得組織はお客様よりお預かりした個人情報を守る企業として信頼されています。
  ビジネスチャンス拡大と他社との差別化を可能とし事業の発展に寄与することができます。
  このマネジメントシステムはPDCAサイクルによる継続的改善を実行する仕組みになっています。スパイラルアップで個人情報保護に関して継続改善していくシステムです。

プライバシーマーク(Pマーク)コンサルティング

  JIPDECはかなり厳密な審査を行っておりますが、ご安心下さい。経験豊かな当協会のコンサルタントが合格まで完全サポートいたします。
  ISMS、Pマークの資格保有者が解り易く熱心な指導を致します。非常に安心できると評判です。
  小規模企業、サイトが多数あってもお問い合わせ下さい。必ず最適な見積もりを提案いたします。
  コンサルティング期間(開始月から現地審査まで)7ヶ月程度。(組織事情により8〜9ヶ月より)
  支払条件も毎月分割支払いで安心です。

JISQ15001:2006 の要求事項の概要

  個人情報保護方針を策定します。
  個人情報保護方針策定し、実行、監査、見直し改善を実施します。
  個人情報保護管理者と個人情報保護監査責任者を事業者内部から指名します。
  組織の個人情報を抽出し、その利用、一時保管・入力、保管、利用、移送伝送、破棄などのプロセスごとにどの様なリスクがあるかを認識し、その安全策を立案します。
  個人情報保護登録台帳を整備します。
  組織の経営資源、責任体制及び権限を定めます。
  教育と監査計画を策定します。
  緊急事態への準備をします。
  個人情報保護法をすべての面で遵守します。
  物理的セキュリティやコンピューターセキュリティ等の安全処置が必須条件です。
  従業者の監督を行います。委託先の監督を実施します。
  個人情報に関する本人の権限を認識し権利侵害がないようなシステムを運用します。
  組織に苦情及び相談対応窓口を設立します。
  教育、監査を実施します。文書管理、記録の管理を実施します。
  内部監査を実施します。是正処置及び予防処置を確実に実施します。
  事業者の代表者による見直しを定期的に実施します。

Copyright © 2014 Iso management association. All rights reserved. Admin by Adart link
PAGE TOP ▲