ISO内部監査研修とISO取得のことならISOマネジメント協会へ。ISO内部監査員養成講座は6名以上1人10,000円/1日、5名以下一律50,000円から。

ISO内部
監査、セミナーのISOマネジメント協会





ISO45001とは?

ISO 45001は、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格です。2013年6月、労働安全衛生マネジメントシステム規格を開発するISO/PC283の設置が決定し、幹事国及び議長国に英国が割り当てられ規格開発がスタートいたしました。

2007年に改訂されたフォーラム規格OHSAS 18001や2001年にILO(国際労働事務局)が発行したILO-OGH 2001を基に、 ISOで初の労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格として開発が進んでいます。

当該分野では、OHSAS 18001の他、 OHSAS 18002、厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムの指針」や中央労働災害防止協会、建設業労働災害防止協会などの業界が定めるガイドラインをはじめ、多くの標準(規格類)が既に存在しております。

ISO 45001はそれら従来の法令や規制と矛盾しない、かつ、労働者の安全を第一とした規格とするべく議論が進んでおり、2018年3月12日に発行されました。

OHSAS 18001との大きな違いとしては、ISO 45001では、ISOマネジメントシステム規格の共通テキスト(ISO/IEC Directives Part 1, Annex SL)が採用されたことにより、ISO 9001や14001など他のISOマネジメントシステムと規格の構成や用語の定義などを共通化している点が挙げられます。これにより、既存のマネジメントシステムに取り組んでいる組織は、労働安全衛生を含む統合マネジメントシステムとして運用することが可能となります。

ISO規格が発行されますと、OHSAS 18001からISO 45001へ認証の移行が始まります。ISO 45001は業種業態を問わず労働安全衛生の向上に役立ちます。ISO規格の発行を機に、積極的な労働安全衛生マネジメントシステムの導入をご検討されてはいかがでしょうか。

ISO45001:2018 の章構成

※この文書はFDIS(最終国際規格案)であり、審議途中の文書です。
箇条番号 箇条タイトル
1 適用範囲
2
引用規格
3
用語及び定義

4

組織の状況
4.1
組織及びその状況の理解
4.2
労働者及びその他の利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3
労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4
労働安全衛生マネジメントシステム
5
リーダーシップ及び労働者の参加
5.1
リーダーシップ及びコミットメント
5.2
労働安全衛生方針
5.3
組織の役割,責任及び権限
5.4
労働者の協議及び参加
6
計画
6.1
リスク及び機会への取組み
6.2
労働安全衛生目標及びそれを達成するための計画策定
7
支援
7.1
資源
7.2
力量
7.3
認識
7.4
コミュニケーション
7.5
文書化した情報
8
運用
8.1
運用の計画及び管理
8.2
緊急事態への準備及び対応
9
パフォーマンス評価
9.1
モニタリング,測定,分析及びパフォーマンス評価
9.2
内部監査
9.3
マネジメントレビュー
10
改善
10.1
一般
10.2
インシデント,不適合及び是正処置
10.3
継続的改善
附属書A
この規格の利用の手引














Copyright © 2014 Iso management association. All rights reserved. Admin by Adart link
PAGE TOP ▲